私のポルシェカテゴリの記事一覧

ポルシェ964と930

私はポルシェ911を2台持っています。TYPE964 とTYPE930の2台です。
もう1台あるのですが、これは今製作中というか、公道を走るような車両ではないので数に入れません。

この964と930の違いは見た目はそんなに変わりません。
私のはポルシェ930がスピードスターという限定車なので少し違うのですが、

それでも、964のスピードスターと比べるとそんなに違いはありません。
なんとなく垢抜けているのが964の方かな、と感じるくらいでしょうか。

ところが、実際に運転席に座って、車をスタートさせるとその違いは少なくありません。
ひとつにはパワーステアリングが付いたと言うことで操作性が格段に楽になったというのがあります。

といっても964のパワステは、さすがにポルシェであって、
適度な手ごたえがあって、路面からの情報もよく伝えてくれます。

ただ、930のステアリングもリアエンジンの後輪駆動のおかげで、
重すぎると言うほどではありませんが、イージードライブと言う点では
このパワーステアリングがあると助かります。

特に私など、腰痛持ちで肩こりもひどいので、街のりではポルシェ964で出かけることが多いです。
これからも930と964どちらも空冷エンジンを積んだ旧い車ですが
大事に乗っていきたいと思います。

このブログでも、この2台の違いを感じたままに少しずつ書いていきます。

燃料ポンプ

R|v.jpg.JPGポルシェ964は、想像するほどにはメンテナンスに費用はかからない
かもしれません。

もちろん、国産品に比べて、部品類が若干高いということは
あるかもしれません。

それに、エンジンのオーバーホールなどの工賃は
特殊なエンジンであるがゆえに、

また、ポルシェ専門の工場でないと、扱ってくれない
という点などで、なかなかの高額になります。

ただ、ポルシェ911のエンジンは、964も含めて、
とても丈夫に出来ていて、国産車に比べて、

オーバーホールのサイクルが短いということはありません。

ただ、ポルシェ964は最終型でも10年は軽く過ぎているので、
それを考えると、オーバーホールの時期に来ているか、

もしくは、オーバーホールを終えているか、
どちらかだと思います。

車庫保管でないポルシェは、ゴムやプラスチックの素材で作られている部分は
どうしても劣化がひどいようです。

わたしの964についていえば、なぜか燃料ポンプに問題があって、
2度交換をしています。

ポルシェはボッシュの燃料ポンプを使っていますが、
インタンク方式ではなく外付けになっています。

交換は意外に簡単ですが、同じところが壊れると
少し不安にはなります。

写真はポルシェ964の燃料ポンプです。
外側のゴムのインシュレーターで覆われていて、本体は見えません。