ポルシェ911ターボ3,6

ポルシェ911といえば、ターボの存在抜きには語れません。
1975年以来、ポルシェ911ターボも進化を続けてきました。

他車を圧倒するほどのパワーと存在感で、スーパーカーのひとつとして捉えられた時期もありました。
もちろんポルシェの964タイプでもターボモデルがラインアップされました。

89年にカレラ4が生産販売され、次いで90年に主力となるポルシェ911カレラ2が、
少し遅れて、964ターボが発売されました。

このターボエンジンは、基本的に930ターボと同じで、インタークーラーの改良などで20馬力のアップになっていました。
燃料系も少し改良はされましたが、基本はKジェトロニックのままでした。

ただ92年に、この3,3ターボエンジンを381馬力、トルク50kまでチューンしたターボSがあり、
車重も軽量化されて登場しました。

そして964と同じ3,6Lの排気量のターボエンジンを積んだ、911ターボ3,6は
93年にやっと登場しました。

スペックは360馬力とトルクが53kになっていましたが、ターボSに比べると  
、馬力が小さく車中も200キロほど重くなっています。

930ターボと同様ターボフェンダーは健在で、ターボの存在感は964でも十分にあります。
ただ、販売台数は少ないので見かけることはあまりありません。
wing.JPG

中古車の状態

タイプ964ポルシェ911は、いまだに人気が高いようです。
中古車市場でも水冷の996型より高値で売られていたりします。

もちろん、旧いタイプなので、個体差はかなりあると思いますが、
それでもさすがはポルシェ911で、大事に扱われていた車が多いので

いまだにオリジナルの、例えばほとんど最初の塗装を保っているとか、
あるいは本革シートもしわも少なく、室内の匂いもいかにもポルシェという

香りを残しています。
私のポルシェ964も雨に打たれたことはほとんどありませんし、
あまり乗りませんのでシートもきれいなままです。

もっと大事にする人は、ガレージの湿度も一定に保ったりして、
ボディの劣化を抑えている人もいるようです。

最終型でも20年近く経っている自動車なので、
よほど大事にしていないと、いたるところにがたが出るはずですが、

そこはポルシェですから、丁寧に丈夫には造られているようです。
その上大事に扱われているので、中古車といえども

定期的な点検整備を行っていれば、
まだまだポルシェ964は現役でも十分に使用できます。

クーリングファンエアーダクト

964エンジン2.JPG
ポルシェ911のタイプ964といえば、空冷ポルシェでは
かなり後期型ということになりますが、

さすがに年式としては古く、国産車で比べれば
R32スカイラインとか、S13シルビアなどの時代ですから

もうほとんどがスクラップと化している自動車ですが
ポルシェとなるとまだまだ現役がたくさんいます。

そうなればいくら耐久性に定評があるポルシェと言えど
かなり手を入れてやらないと、不具合が色々出てきます。

特に、ゴムやプラスティックの素材を使った部品は
定期的に交換しなければ本来の性能を発揮してくれません。

今回は、クーリングファンのエアダクトを交換しました。
この部品は、ゴムで出来ている部分がぼろぼろになります。

ポルシェ911のなかで964と993がこの形の部品を使っています。
この部品自体は3本のボルトをはずせば取れるのですが、

エアコンのホースやブロアーファンなどが干渉するのでそれのボルトなども
はずさなければうまくいきません。

とはいえ、作業自体は簡単で30分もあれば完了します。
964エンジン3.JPG

ポルシェ964ターボ

ポルシェ964を語る上で、ポルシェ964ターボをはずすわけには行きません。

正直をいうと、ポルシェに限ってはターボモデルをあまり高い評価はしていないのですが、
何といっても、ポルシェのフラッグシップモデルとして、
高い人気を誇っている、ポルシェターボを語らないわけにはいきません。

ポルシェ911がタイプ964にモデルチェンジしたのは1989年ですが、
964ターボは90年のモデルイヤー後半になって、
ようやく発表されました。

ただ、エンジンは開発のコストの削減のためか、従来の3,3Lで、
とりあえず、ターボモデルも加えたという感じがします。

ただ、吸排気系の見直しで、20psアップの320psを発生していました。

そして、93年になって、ようやく964カレラ2に搭載される
3,6LのM64ユニットを使って、ターボ化された、964ターボ3,6
が発売されました。

このエンジンは馬力も360psまで高められて、
トルクは53kgを誇っていましたが、
豪華装備のおかげで、車重も1470kgと、非常にヘビーになりました。

ただ、このモデルは生産された年数も少ないので、登録台数は少なく、
今でも中古車市場では高値で取引されているようです。

このほか、ポルシェ964ターボとしては、希少モデルとして、
ターボS が発売されています。

こちらは3,3Lのエンジンを381psまでチューンして、
豪華仕様も取り払って、軽量化された、チューニングモデルです。