ポルシェ911ターボ3,6

ポルシェ911といえば、ターボの存在抜きには語れません。
1975年以来、ポルシェ911ターボも進化を続けてきました。

他車を圧倒するほどのパワーと存在感で、スーパーカーのひとつとして捉えられた時期もありました。
もちろんポルシェの964タイプでもターボモデルがラインアップされました。

89年にカレラ4が生産販売され、次いで90年に主力となるポルシェ911カレラ2が、
少し遅れて、964ターボが発売されました。

このターボエンジンは、基本的に930ターボと同じで、インタークーラーの改良などで20馬力のアップになっていました。
燃料系も少し改良はされましたが、基本はKジェトロニックのままでした。

ただ92年に、この3,3ターボエンジンを381馬力、トルク50kまでチューンしたターボSがあり、
車重も軽量化されて登場しました。

そして964と同じ3,6Lの排気量のターボエンジンを積んだ、911ターボ3,6は
93年にやっと登場しました。

スペックは360馬力とトルクが53kになっていましたが、ターボSに比べると  
、馬力が小さく車中も200キロほど重くなっています。

930ターボと同様ターボフェンダーは健在で、ターボの存在感は964でも十分にあります。
ただ、販売台数は少ないので見かけることはあまりありません。
wing.JPG