カレラ2のティプトロニック

ポルシェ964が前モデルの930から特に変わったところは、
もちろん4WDの採用もありますが、

964のなかでもカレラ2だけの仕様ですが、ティプトロニック
の採用が大きく変わって、現代的になった部分です。

93年ころのポルシェ911のカタログ、つまり964のカタログには
「通常のオートマティックではなく、高性能ドライビングを念頭に置いて

デザイン、開発されたものです。」
と書いてあります。

電子コントロール式インテリジェント・シフト・プログラムと言うそうで、
電子コントロールユニットが、車速やエンジンスピード、

スロットルの位置や動き、直線での加速、コーナーでの加速
などを常にチェックします。

つまり、これはドライバーの好みや癖に合わせて
ティプトロニックがギヤチェンジののタイミングを変えます。

やはり、ポルシェ911にこの賢いオートマが出来たことで、
女性でもドライブできるような、乗りやすいポルシェになりました。

もちろん、964にはパワーステアリングが付いていますので、
かなりイージードライブが可能になりました。

もちろんハンドリングはポルシェ911ですから
若干のアンダーステアは残っていますが、
前のモデルから比べるとかなり洗練されてきました。