ポルシェ964ターボ

ポルシェ964を語る上で、ポルシェ964ターボをはずすわけには行きません。

正直をいうと、ポルシェに限ってはターボモデルをあまり高い評価はしていないのですが、
何といっても、ポルシェのフラッグシップモデルとして、
高い人気を誇っている、ポルシェターボを語らないわけにはいきません。

ポルシェ911がタイプ964にモデルチェンジしたのは1989年ですが、
964ターボは90年のモデルイヤー後半になって、
ようやく発表されました。

ただ、エンジンは開発のコストの削減のためか、従来の3,3Lで、
とりあえず、ターボモデルも加えたという感じがします。

ただ、吸排気系の見直しで、20psアップの320psを発生していました。

そして、93年になって、ようやく964カレラ2に搭載される
3,6LのM64ユニットを使って、ターボ化された、964ターボ3,6
が発売されました。

このエンジンは馬力も360psまで高められて、
トルクは53kgを誇っていましたが、
豪華装備のおかげで、車重も1470kgと、非常にヘビーになりました。

ただ、このモデルは生産された年数も少ないので、登録台数は少なく、
今でも中古車市場では高値で取引されているようです。

このほか、ポルシェ964ターボとしては、希少モデルとして、
ターボS が発売されています。

こちらは3,3Lのエンジンを381psまでチューンして、
豪華仕様も取り払って、軽量化された、チューニングモデルです。